「青春デンデケデケデケ」

「青春デンデケデケデケ」著者:芦原すなお



「デンデケデケデケ」っっって⁈

タイトルを初めて見た時、多数の方がそう思ったことでしょう。

本の内容は、バンドに目覚めた男子高校生が、仲間と共に過ごした高校三年間の青春物語です。(「デンデケデケデケ」はギターの効果音でした)

勉強はもちろん大事ですが、「夢中で何かをしたい」と思えることに出会い、その同志と共に挑戦してみることは、とても貴重な経験で、勉強以上の価値があると思います。

読み終えると、暑い夏を吹き飛ばすくらい、爽やかな気分になりますよ。

そして著者の芦原さんは、実は香川県観音寺市出身の方なんです。

登場人物の話し言葉はコテコテのさぬき弁で、舞台が香川県西讃地方なので、香川県民にとっては愛着の湧く一冊になっています。

*この本、最近話題の日テレ系ドラマ「あなたの番です」のワンシーンにも取り上げられています。どのシーンで登場したのか、考察してみてください!ヒントは、「本作品の主人公:藤原竹良を演じた俳優さん」です。 BIBLIO STAFF

0件のコメント

最新記事

すべて表示