「AKIRA CLUB」

『AKIRA CLUB』 著者 : 大友克洋



幼き頃に見てえもいわれぬ衝撃を受けたアニメーション映画は「幻魔大戦」と「AKIRA」、この両作品に共通しているのが「大友克洋」さんです。1974年生まれの僕は、メディアで何度も「世紀末・ノスタラダムスの大予言」などのフレーズを耳にして育ち、そこに、彼の描く「電脳・超能力」の世界観が加わった大友さんの作品は、ある一つの時代の終わり、そして、秩序と混沌はパラレルである、という感覚を幼き僕に抱かせました。


ヤンマガ掲載時の「AKIRA」の全扉絵、没コマ、並べ替えたページの手順などを網羅したAKIRA 特集本です。単行本の広告、雑誌連載時のコメント、どれもとても細かいところまで収録されており必見です。 written by Takeaki Hamakawa

0件のコメント

最新記事

すべて表示