きつねのはなし

「きつねのはなし」

 著者:森見登美彦



底知れぬ謎を秘めた古都京都を舞台に描かれる、漆黒の短編集。

いつもの森見さんとは一味違う作品です。

Written by ネジマキネコ

0件のコメント

最新記事

すべて表示