無人島に生きる十六人

「無人島に生きる十六人」

 著者:須川邦彦



明治31年、帆船・龍睡丸は太平洋上で座礁し、

脱出した16人は小さな島に漂着した。

感動の冒険実話。

Written by ネジマキネコ

0件のコメント

最新記事

すべて表示