絵を見る技術

「絵を見る技術」

朝日出版社

著者:秋田 麻早子




素人が生身で絵画と向き合うことはなかなか難しい。


初見で感じた印象から次は、

絵の横に架けられた「この作品が書かれた頃、画家は云々」といった

パネルを読んでやっと理解した気になる…


その繰り返し。



この本は、そんな我われ素人が身につけるべき、

絵画をきちんと見るために必要な「ビジュアルリテラシー」の基本について、

一から教えてくれる良書。


例えば第一章は、「この絵の主役はどこ?」と題されており、

まず着目すべき絵画の焦点について解説が始まる。


光がばっちり主役に当たっている絵はわかりやすいが、

そうでない場合は何を頼りにすればよいのか。

丁寧な解説と共に、具体例となる絵画も多数掲載されており、

「どんどん身についてくる」感覚が味わえる。


美術史や図像学、画家の生涯といった知識がなくとも、

「その名画が名画たる条件」を判別する力が身につく、人生を変える一冊だ。


高崎立郎(ジュンク堂書店高松店 店長)

0件のコメント

最新記事

すべて表示