弓と禅

「弓と禅」

著者:オイゲン・ヘリゲル

とても短い読みものだ。

ドイツ人哲学者である著者が日本での滞在中に弓道へ入門し、

「弓を射る」というただそれのみを体得していく過程を綴った本である。


故スティーブ・ジョブズが愛読していたということでもよく知られている。

ドイツ人の目で描かれた弓道に「なんと奥が深いものか」と感激すると同時に、

本当は自分とは関係のないことなのかもしれないけれど、

「日本」のことを「外国」の人が受け入れ、

愛してもらえたのだという実感もわいてなんだか嬉しくなる。


さらに、現代日本が振り捨ててきてしまったある種の

「精神性と身体感覚の回路」というものがここに記録されており、

眠っていた鉱脈を掘り当てたかのような興奮も味わえる。


無性に弓道を習いたくなる一冊。


高崎立郎(ジュンク堂書店高松店 店長)

0件のコメント

最新記事

すべて表示